chukkyou81.jpg

FC2ブログ
中島誠仁 実録!自家焙煎の軌跡
コーヒー焙煎教室専門店。3倍飲める珈琲の焙煎法、原価を1/10まで削減する方法、隣にチェーン店やコンビニが出来ても生き残る方法、是非飲ませて欲しいと言ってもらうセールストーク、12年のスキルを5時間で習得できる焙煎教室。再現率は100%。中島誠仁です。このブログはその記録です。尚、すべての文責には著作権が付いています。
08 « 2019 / 09 » 10
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2016/01/16 Sat  22:08:38» E d i t
無駄を経験しないと必要なモノがわからないしかし・・・・・
成功する必要なモノが初めから解っていれば、無駄は最小限になるだろう


珈琲焙煎、趣味で終わる分なら
おいしいコーヒーを自分で焼けるようになる焙煎修行も
いいだろう。


しかし、時代は21世紀。
時代の流れはめちゃくちゃ早いですよね。
説明書を読んでいるうちに新しい機種が出ているなんてことも。


コーヒーの焙煎も同じで、おいしいコーヒーが安定して
焼けるようになるまでの期間は、約10年です。

焙煎教室を受けた人が
「ネットに書いてあることは結構いい加減で、
1日で焙煎を習得する事も出来るんですね」



と、自分でも焙煎が出来たから、10年修行を軽く見てる
人もいましたが、それは違います。


我流で試行錯誤すれば10年以上かかるのです。
言い換えれば、自家焙煎で旨いコーヒーで売り出したいならば


10年間はぺーぺーで売れたり売れなかったりが続く


という事です。
さて、どうですか、10年も待てますか。
答えが解ると、やりたくなくなりますよね。

10年も答えが解らず、無駄なことばかり経験するんですよ。

でもね、逆に近道もあるんですよ。


答えの解らない焙煎をしているよりも
最初からおいしく焼ける焙煎のやり方を知っていれば
多少の失敗なんで、失敗にはならない。


自分の手順が少し違っただけに過ぎない。逆に失敗例が学べる。


という事で、失敗焙煎を楽しむ余裕さえ出てきた事例も出てきました。


あなたはどちらがいいですか

・出口の見えない焙煎修行10年
・答えを知って、明日にでもコーヒーが売れて、勉強しながらの焙煎修行


答えさえ知ってしまえば、無駄は最小限の努力で済みます。


近道したくありませんか


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baisenxxx.blog10.fc2.com/tb.php/1208-68c05bfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック