chukkyou81.jpg

FC2ブログ
中島誠仁 実録!自家焙煎の軌跡
コーヒー焙煎教室専門店。3倍飲める珈琲の焙煎法、原価を1/10まで削減する方法、隣にチェーン店やコンビニが出来ても生き残る方法、是非飲ませて欲しいと言ってもらうセールストーク、12年のスキルを5時間で習得できる焙煎教室。再現率は100%。中島誠仁です。このブログはその記録です。尚、すべての文責には著作権が付いています。
08 « 2018 / 09 » 10
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2017/03/21 Tue  15:43:27» E d i t
コーヒー豆 卸 粗利 33%もあります

・珈琲 酸化 要因
コーヒーの酸化は焙煎直後から起こりますが
その要因は「油」です。
油はコーヒーの旨味成分で空気に触れると単純に参加します

・焙煎機 コーヒーメーカー 極上
「焙煎機は高いものが良いものである」と言うわけではなく
焼ける量の違いと動力が手動かの違いだけです。
極上のコーヒーメーカーは、ドリップの形が違います

・コーヒー焙煎利益構造
コーヒー豆生産者から末端の1杯のコーヒーまでの
価格構造を調べてみてください。
どこで勝負すると一番効率よく利益が出るのかが解ります。

逆にこれをやると、利益が出ない、撤退するしかない
ビジネスにもなりかねません。

・コーヒー豆 焼き直し
これが出来る人は焙煎の達人レベルです。
焙煎度合いがまだ足りない、適正焙煎を知っている人です。
私でも14年間の焙煎歴の中で1回しか経験がありません。

・コーヒー豆 卸 粗利
33%もあります。
おいしいコーヒー豆を焼いて喫茶店に卸すのもいい商売ですが、
卸が出来るという事は、

「おいしいから卸売してください」  か

「安いから卸売してください」  かのどちらかです。



安いからの場合は、粗利を圧迫します
おいしいからの場合は、売り物であるコーヒー豆を評価されています。

しかし、豆の卸売とは、どこまで行っても他人のお店のお客を満足させるだけ。
何かの拍子に「おいしくないコーヒー豆を卸してしまったら」
「そのコーヒーのおかげで卸先のお客が離れて行ってしまったら」
あなたは、その責任まで取れますか。

同じお客を喜ばせるなら、

卸売してほしいと懇願される焙煎が出来るなら

自分のお客さんだけを満足させてみてはいかがですか



000000uhbggtfrtc1.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baisenxxx.blog10.fc2.com/tb.php/1279-58aa6f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック