chukkyou81.jpg

中島誠仁 実録!自家焙煎の軌跡
コーヒー焙煎教室専門店。3倍飲める珈琲の焙煎法、原価を1/10まで削減する方法、隣にチェーン店やコンビニが出来ても生き残る方法、是非飲ませて欲しいと言ってもらうセールストーク、12年のスキルを5時間で習得できる焙煎教室。再現率は100%。中島誠仁です。このブログはその記録です。尚、すべての文責には著作権が付いています。
10 « 2017 / 11 » 12
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2014/05/07 Wed  16:13:33» E d i t
アメリカで思い知らされたコーヒーのおいしい法則 10×10×1×1 

去年アメリカにコーヒーをお土産で持っていったときの話です。
叔父の家にはドリッパーしかなく、ハンドドリップでしか淹れられませんでした。
10gで3杯淹れたいのに、フィルターが目詰まりして2杯しか入りません。

解説 
今の状態は、生豆×焙煎の10×10が出来ているのに、
水×ドリップの1×1が出来ていない事を現します。

仕方がないのでベストバイで12杯用コーヒーメーカーを買ってきました。
平底タイプの理想的なコーヒーメーカー。
30gで10杯淹れたところ、60%の味まで回復できました。

解説
つまり、この場合10×10×0.6×1=60
水の違いだけで味が40%も落ちると言う事になります。

ですが、その60%の味で、叔父が「おー、アメリカで売り出すか」
と、言いました。

60点のコーヒーでアメリカでも売り出せるみたいですよ。
でも、どうせ売るなら100点で売り出したいよなあ。

結論、
「水の違い」、これだけでも大きく味が変わってきます。

アメリカでそれを体験してきました。

hehfhi1.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baisenxxx.blog10.fc2.com/tb.php/655-2ce4971f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック