chukkyou81.jpg

FC2ブログ
中島誠仁 実録!自家焙煎の軌跡
コーヒー焙煎教室専門店。3倍飲める珈琲の焙煎法、原価を1/10まで削減する方法、隣にチェーン店やコンビニが出来ても生き残る方法、是非飲ませて欲しいと言ってもらうセールストーク、12年のスキルを5時間で習得できる焙煎教室。再現率は100%。中島誠仁です。このブログはその記録です。尚、すべての文責には著作権が付いています。
08 « 2019 / 09 » 10
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2015/12/22 Tue  17:34:34» E d i t
中島流焙煎教室 トリプル焙煎

jhdfhajhjhfjlfkkj1.jpg



採れたての新鮮さのアピール合戦により、水分量の多い
ニュークロップが全盛になっているコーヒー業界。


採れたて新鮮 = 旨味の極地


だといいんですが、おいしく焼けてナンボのもの。
焙煎技術→焼く技術→焼ける仕組み が上手くないと
極上のコーヒーは作れません。

夏は天日干しで水分飛ばしですが、冬は効果が期待できません。



そこで行なう技法がトリプル焙煎。 乾燥工程+ダブル焙煎



やりたくはないのですが、極上のコーヒー豆の品質を保つため
にやっています。

おかげ様で1年中、アロマベリーストロングな珈琲豆
焼けています。



注)焙煎=豆を焼く と表記しています。
これは専門用語をお客の言葉に翻訳して書いているためで
「お客さんが解らない物は、商品の良さも伝わらない」
の考え方から来ています。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baisenxxx.blog10.fc2.com/tb.php/774-629d4594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック