chukkyou81.jpg

中島誠仁 実録!自家焙煎の軌跡
コーヒー焙煎教室専門店。3倍飲める珈琲の焙煎法、原価を1/10まで削減する方法、隣にチェーン店やコンビニが出来ても生き残る方法、是非飲ませて欲しいと言ってもらうセールストーク、12年のスキルを5時間で習得できる焙煎教室。再現率は100%。中島誠仁です。このブログはその記録です。尚、すべての文責には著作権が付いています。
10 « 2017 / 11 » 12
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2017/11/06 Mon  17:56:36» E d i t
中島流焙煎教室  焙煎教室の選び方

knekfnkjnjfqej1.jpg


受講した仲間の声はこちら → クリック


焙煎教室には大きく分けて2種類ある事をご存知ですか?

・1つは、いるいる や 手網を使った 趣味の焙煎教室
・1つは、本格的に焙煎のプロになることを目的とした プロの焙煎教室

iluilu.jpg

趣味で自分で焙煎してみたい人は、近くに焙煎教室があれば
そこで受講してください。料金も手頃で楽しい焙煎教室が
あなたを待っていることでしょう。

たとえ趣味の焙煎であってもプロの豆を焼きたい人は
プロ養成の焙煎教室を選びましょう。

10173786_736413473076001_126446192_n.jpg

そして、プロの焙煎教室でも2種類に分かれる事をご存知でしたか?

・1つは、何日も修行をして体得する焙煎教室
・1つは、焙煎の修行期間を1日に短縮して教えてくれる焙煎教室

何日もかかる焙煎教室の場合は、日数×料金が発生するんですよ。
1日で教えてくれる所は、たった1日でプロの技が習得できるんですよ。

どうして1日と何回も通わないといけない焙煎教室が発生するのでしょうか。

それは、「マニュアル」の有無が関係しています。
たった1日で焙煎技術指導の教室は、私が調べたところ必ずマニュアルを作っています。

何日もかかる焙煎教室は、1回が2時間程度と短時間であったり、マニュアルが存在しないかの
いずれかです。

今、時代の流れは非常に速く、人間の進化のスピードを超え始めています。
じっくり学びたい人は、時間をかけて学ばれたら良いと思います。

また、焙煎の技術習得には、10年程かかりますから、短縮型を選ぶ人も増えています。

gdsghdgjh1.jpg


そして、1日で教えてくれるプロの焙煎教室の中でも更に2種類に分かれる事をご存知でしょうか。

・1つは、大きな業務用の釜を使ってプロを養成する焙煎教室
・1つは、小型ハンドロースターを使ってプロを養成する焙煎教室

大きな釜を使って焙煎教室を受けた場合は、業務用の大きな釜を買う事になります。
初期投資に200万円ぐらいはかかりますから、ある程度の資金力が必要です。

それに比べて小型ハンドロースターを使ってプロを養成する焙煎教室は、
ハンドロースターを含めても初期投資は20万円以下で済むので、
大きな資金を必要とすることなく、開業することができます。

また、ハンドロースターは趣味・副業の方でも使えて、プロの豆が焼ける事から
焙煎教室を受講する人が増えています。

klkbhvgvghvfggdrghbn.jpg




そして、焙煎法によってもコーヒー豆の品質が違ってくるという事を
ご存知だったでしょうか。

100gで10杯の普通のコーヒー豆の焼き方を教えてくれる焙煎教室
100gで30杯の3倍飲めるコーヒー豆の焼き方を教えてくれる焙煎教室

通常の3倍飲めるコーヒーの作り方を教えている焙煎教室は、
中島流焙煎の独自ノウハウ
なので希少です。

おいしさそのままで、3倍飲めるコーヒーが出来ると
その先にはどんな未来が待っているのでしょうか。
その答えを知りたくないですか。

受講した仲間の声はこちら → クリック


2017baisenkyoushistu.jpg



そして、2015年の2月から時代を生き抜くコーヒー屋もプラス
する事にしました。

ものづくりが完成したら、次はマーケティングです。
セカンドステージ販売もセットで学べる焙煎教室になりました。

販売のコツは、お客さんから

「是非飲ませてください」

と言う声をどうしたら引き出せるか。
これに尽きます。シンプルですが、このコツをお教えします。

2017年は、おいしいコーヒーを作るだけでは手ぬるい時代に入りました。

それは、今までと同じような事をしていては、その他大勢に埋もれてしまう

という事です。

この焙煎教室でさえ、他の焙煎教室との明確な差別化をしないと、埋もれてしまいます。


幸いにして、通常の3倍飲める、1杯のコーヒーコストが通常の10分の1であり、

ダントツの利益の出せる焙煎方法という意味においては、他で学ぶことは出来ないので



まだ差別化は出来ますが、焙煎教室の価値を上げていかないと大変な事になる時代です。


もし、お店の隣にコンビニやチェーン店が出来たとしても、
共存して生き抜くコーヒー屋の営業法をお教えします。


焙煎教室にこんな付録の付いているコーヒー屋さんがあったらおっしゃってください。
それ以上のものを差し上げます。

という事で、2017年 焙煎教室プロ養成講座 スタートです

5754473005258_n.jpg

map211.jpg


hdbhkshbkos2.jpg



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baisenxxx.blog10.fc2.com/tb.php/798-2c2f025a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック