chukkyou81.jpg

中島誠仁 実録!自家焙煎の軌跡
コーヒー焙煎教室専門店。3倍飲める珈琲の焙煎法、原価を1/10まで削減する方法、隣にチェーン店やコンビニが出来ても生き残る方法、是非飲ませて欲しいと言ってもらうセールストーク、12年のスキルを5時間で習得できる焙煎教室。再現率は100%。中島誠仁です。このブログはその記録です。尚、すべての文責には著作権が付いています。
08 « 2017 / 09 » 10
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2017/09/16 Sat  15:40:10» E d i t
中島流焙煎教室  誰でも1日でプロの焙煎士

今日は記事番800と言うことでいつもより
濃い内容を書いてみようと思います。


saddddshg1.jpg



コーヒー焙煎って、すぐに身に着くものではありませんよ。
実際にわたしだって15年もやって今があるわけです。

けど、その15年、誰にもコーヒー焙煎の事を教わって
来なかったので膨大な時間がかかってしまっているので
あって、誰かに教えてもらえば、時間は短縮できたのです。



今日のタイトルは「誰でも1日でプロの焙煎士」です。


誰もが耳を疑うような話ですが、本当の話です。実は・・・・・・



プロの豆を焼く事は、実に簡単で経験不要で
誰にでも出来る事なのです。

なぜ断言できるかと言うと


1日でプロの豆が焼ける焙煎方法を採用しているか



何年もかけないと解らない焙煎方法をしているか



たったこれだけの違いなんです。
15年の分析の結果こう結論付けました。


1回覚えてしまえば、その作り方に沿って繰り返すだけ。

業界ではそんな馬鹿なと思われるでしょう。


305826_552816131435737_1526710241_n.jpg



実際の例をお話します。
正直に言って、15年も焙煎している私が

「なんだったんだ、この15年」

と、思えるくらい、趣味のサラリーマンが、普通の主婦が
音楽関係の業界の人が、そして全くの未経験の人までが・・・・・、



焙煎器を触った、
たった1回目で私と同じコーヒー豆を焼いているんです。



554541_511784775538873_1498190644_n.jpg



あまりにも見事な出来栄えで、
一粒の焦げさえ発生しないパーフェクトなコーヒー豆。
教えた喜びを通り越して、悲しい感情まで覚えました。

「今まではなんだったんだ」「誰でも簡単に出来るじゃないか」
「誰でも出来ることにこんなに時間をかけていたのか」と。


そんな現象が128人続いているのです。


そしてある時に気づきました。
「焙煎は技術じゃない。仕組み、システムだ」と。

1395164_640459046004778_1150836286_n.jpg



個人の技能で差の付く部分なら、
絶対に128人が全員同じ豆を焼く事は不可能。

誰がやっても同じ結果が出るということは、
人力というところはあるものの機械が同じ
作業をするように、正確に全員が同じ事を
やっているに違いないと結論付けました。



ですから 焙煎で悩んでいる方へ



もう、出来るか出来ないか、結果の解らないがんばりは、
やめにしませんか




17人目の人を教えたときに、思ったのです。
「中島流焙煎教室プロ養成講座を受けた人は、
自分で焙煎しても挫折しないね」と。

半分確認でしたけど。

プロ級の美味しいコーヒーが、
いつでも焼けることが実体験として解っているから
最初に少々の失敗があっても、
目指す結果が解っているのだから苦労を楽しむ事ができる。


つまり、自家焙煎が楽しくて仕方がなくなる。


と、言うことを再確認しました。



中島流焙煎教室プロ養成講座は、
いきなりプロの焙煎豆を目指しますが、
開業しない趣味の方でも大歓迎です。

趣味焙煎で喫茶店以上の豆が焼けたら
最高だとは思いませんか。

そんな夢のような話、
たった5時間で現実を手に入れてください。


中島珈琲店 ←リンク

fmkfmfkfdmkml.jpg



誰でもたった30分でプロの味 現在128人中128人が

極上のプロの豆を焼きました
100%継続中
 

hdbhkshbkos2.jpg

knekfnkjnjfqej1.jpg

klkbhvgvghvfggdrghbn.jpg

PhotoFunia-1465103015.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baisenxxx.blog10.fc2.com/tb.php/800-1bdf2bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック