chukkyou81.jpg

FC2ブログ
中島誠仁 実録!自家焙煎の軌跡
コーヒー焙煎教室専門店。3倍飲める珈琲の焙煎法、原価を1/10まで削減する方法、隣にチェーン店やコンビニが出来ても生き残る方法、是非飲ませて欲しいと言ってもらうセールストーク、12年のスキルを5時間で習得できる焙煎教室。再現率は100%。中島誠仁です。このブログはその記録です。尚、すべての文責には著作権が付いています。
09 « 2018 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2015/01/03 Sat  14:26:22» E d i t
世界一受けたい焙煎教室  2014年総括

2014年は新しく24人の仲間が加わり、私のファンクラブである弟子入りの
人数が41人になりました。

少し振り返ると

・均一でシワのない豆が焼けるようになった人

・いるいるの達人から、ハンドロースターで香りの達人になり
 副業とは言え、おいしい豆屋を営業するまでになった人

・焙煎屋とコーヒー屋の違いを理解して、負のスパイラルから
 抜け出せた人。

・winwinの関係だけでなく、トリプルwinのコーヒー屋を身に着け
イベント出店でコンスタントに安定した収益を出し、
ファンの客層を拡大していった人

10006360_861745160542831_2706171982859258070_n.jpg


・「コーヒー豆は農作物である」と農業の視点からコーヒー焙煎
 を見つめなおし、コーヒーを極めた人

・焙煎を知らずに、自家焙煎店を引き継ぐ事になり、
 急遽焙煎の勉強するところが必要になったので焙煎教室を受けた人

・何年も焙煎修行と検証を行わなければならない道を選んだ人

・受講料3万円にたいして、持ち帰る豆が「64800円」や「86400円」
 だった移動カフェ店と既存のコーヒー屋

・10年以上の焙煎キャリアを1日たった5時間で習得した人

・「10年前にこの話を聞きたかった」と自分の焼いた豆に感動し
 12年の大ワープをした人

・いままで趣味の焙煎が、たった一度の焙煎から一粒の焦げもなく
 ノーミスで均一なプロの豆を焼いた人

10433201_783215635062451_7059752848004037961_n.jpg


・コーヒー豆に香りを詰め込み過ぎて、コーヒーのアロマでリラックス効果抜群。
片道3時間で帰れるはずの道のりが、7時間かかってしまった人

・コーヒー豆の正体を知り「今まで何をやっていたんだ」と自家焙煎に
 目覚めた人。


2014年は24人の方が本物のコーヒー焙煎を勉強されました。


2015年は、どんなドラマが待っているか、楽しみです。

hguhgugkihuhhy1.jpg


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baisenxxx.blog10.fc2.com/tb.php/936-79dbf76c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック