chukkyou81.jpg

FC2ブログ
中島誠仁 実録!自家焙煎の軌跡
コーヒー焙煎教室専門店。3倍飲める珈琲の焙煎法、原価を1/10まで削減する方法、隣にチェーン店やコンビニが出来ても生き残る方法、是非飲ませて欲しいと言ってもらうセールストーク、12年のスキルを5時間で習得できる焙煎教室。再現率は100%。中島誠仁です。このブログはその記録です。尚、すべての文責には著作権が付いています。
07 « 2019 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2019/06/08 Sat  22:28:35» E d i t
ある日、ホームページ作成会社の人が、こう言いました。

「先生の言うコーヒー屋をやりたい人に焙煎を教える事って
先ずみんな真っ先に思いつく事は、カフェ開業って言葉じゃないですか」

「カフェ開業で先生のページを調べたら、100位以内にも出て来ないんですよ。
検索ボリュームは30倍くらい多いのに、出て来ないんですよ。
まず、このキーワードで検索に載りませんか」

こんな事を言われた時から、
「みんなコーヒー屋をやりたい人は「カフェ開業」と考えるのか」
と変な刷り込みが入ってしまいました。

そして、検索キーワードで乗りたくて
「カフェ開業.COM」のドメインまでも取得しました。

しかし、今「カフェ開業」と検索してみると、

カフェ開業コンサルタントのページがズラリ。

しかも、開業 = 開業資金  カフェ開業 = カフェ経営 だとか
事業計画をしっかり考え、物件も調査しましょう、とか、

どれも同じような事ばかり書いてあり、
コンサルタントの先生方の仕事に直結するように誘導されるページばかり。

これでは、カフェを開業するには

・開業するには、開業資金と運転資金をしっかり準備し
・準備できない時には、調達手段を考え
・そのために事業計画書をしっかり作り

・それは自分ではできないので専門家の先生と一緒に作り
・立地条件や物件もプロの先生に見てもらう
・経営についても自分では分からないので最初は専門家に・・・

と、ガチガチの開業専門コンサルタントに相談しないと

とか

良い物件・居抜き物件・立地の良さが集客のカギ

とか


変な常識が構築され、カフェ開業はそういうものか
と、思い込んでしまいます。

カフェ開業の専門コンサルタントが悪いとは、言いません。

カフェという自分の城を持つ事は、素晴らしい事です。
それをアドバイスしてくれることは、ありがたい存在です。


しかし、あなたのカフェ開業の本当の目的はなんですか


お店を持つ事ですか。
たくさんの資金を貯めて、お店を作る事ですか。
お店さえあれば、事業計画さえ作れば、お客さんが来ますか。

最近、焙煎教室には、

「今、開業に向けて資金を作るために準備しています」 とか、
「今、物件を探している最中なんです」とか
「カフェの経営について教えい頂きたい」とか

言ってくる人が増えましたけど


店を作るのと、お客さんを作るのと、どっちが大変ですか

現実を知っている人は「お客さん」と答える。

有料無料に限らず、コーヒーを飲んでもらう事と
お店を作る事、どちらが簡単ですか


当たり前と言わんばかりに「コーヒーを飲んでもらう事」と答える

それじゃあ

「コーヒーを飲んでもらう事が宣伝広告になるんですよね」
「コーヒーを飲んでもらえば、お客さんが作れるんですよね」


注意:焙煎教室の一部切り取り、前提の流れを省略

納得したように「そうですね」と答える。

「それなら店、要らないじゃん。テント営業でも十分でしょう」


世の中変な常識が出来ているから
お客が来るか来ないか分からない、店を最初に作っちゃうの。
それから、お客を呼ぶにはどうしたらいいかなあって考えるわけ。

世の中、順番が逆なの。
お客さんを作っておいてから、お店を作ってもいいわけ。

オープン前から「あなたのコーヒー以外、もう飲めません」
というお客さんだらけで、お店を作ったら、失敗しますか?

失敗する事はありませんよね。

一番大事なのは、ダントツに売れる商品。
2番目が、お客の頭の中でNO,1になる事
3番目に、リピーターを増やしお客にとって
なくてはならない存在になる


事です。


だから、
カフェ開業で検索した記事を深々と読まないで下さい。
先ず、店舗とか開業専門のコンサルタントに依頼
なんて変な常識が頭の中で構築されます。


令和の時代は、常識が逆なんです。
失敗しない小規模カフェ開業なんです。

1に商品
2に売り場(店ではなく、テント営業で十分)
3に客づくり(売れたら資金が作れます)
4に必要な物を調達
5に必要ならば、お店を作る

です。


焙煎教室の本講座なら、このほかにも
逆転の発想が満載です。